FC2ブログ

チキン~Good Times Bad Times~

JリーグとかJohnny’sとかJなネタをメインにつらつら語るブログ
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 二都物語TOPSMAP ≫ 二都物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

二都物語

ディケンズの原作を古代日本に置き換えて、
主人公スクネと訳ありお坊ちゃんマナコと可憐なお嬢様サクヤの
三角関係の悲恋物語moblog_61f5ca6e.gif


面白かったのに泣けたのに筆進まず

コメント返し

☆MAKIZOさん
拍手コメ、ありがとー。まさかMAKIZOさんがコメントくれるなんて嬉しかったよんmoblog_e3ca315c.gif


古代の日本。
ヤマタイの国は女王ヒミコの弟がクーデター起こして大混乱のとこからスタート。
ヒミコ殺して、はぁやれやれと王の証の首飾りをご遺体からとりあげようとしたらし
てねぇしっ!

スクネ(仮名)は孤児で、幼馴染のミミ(仮名)と一緒にどうもヒミコ様のための裏
家業に従事してる様子。
なんで『(仮名)』かとゆーと、生まれた時から親がいないから名前をつけてもらえ
なかったから。
ふたりで、「ただのスクネとミミとして生きよう!」と国を出ようとしたところで
追っ手に迫られ、ミミは「スクネとして生きて」と言い残して、スクネをかばって殺
される(えぐえぐ)
生き残ったスクネはクナの国で弁護士助手として、”消せない過去”を隠して粗野に
根暗に過ごす日々。

そんな中で弁護を依頼してきたのがミクニ(仮名)
これまた諸事情あって『(仮名)』、ヤマタイの国からのスパイ容疑を
かけられてる。
その法廷で証人になったサクヤさんと出会う。
スパイ容疑がミクニ(仮名)を陥れるためのでっちあげと気づいた
スクネの暗躍活躍でぶじに無罪放免を勝ち取る。
お祝いの宴で初めて会話するふたり。
「きれいな花ですね」
「そこで踏まれそうになっていたから」
「スクネさんて優しいんですね、恐い人だと思ってました」
…みたいなやりとりが。きゅーん

つよぽん、今回のスクネとかBALLADの又兵衛みたいな役似合う
~てかチキンの乙女ゴコロ胸きゅんでち。
旅スマの「スパイダー!」とかやってる自称・中学2年生とホントに同じ人かよ
僕戦の草食系の眼鏡っこから、荒んだ陰のある古代人まで振り幅でかすぎ。
横に白猫のような可憐なヒロインがいるとさらに最強。
今回も悲恋だね…悲恋率高っ(笑)でもつよぽん+悲恋の組み合わせってかなりワク
ワクしてしまう。(”不幸好き”と指差された過去は消せないのか

サクヤが悩んだり困ったりするところへなぜか現れるスクネ。
ミクニにプロポーズされたり…。
旦那になったミクニの正体はヤマタイの国の独裁者の息子で、かつての召使が革命軍
に捕まって助けを求めてきたからと自分を置いて帰国、でも実は革命軍の罠で捕まっ
て処刑されそうになってたり…。
その度に「おめでとう奥さん!」と背中を押したり、牢屋までミクニを助けに行って
身代わりになって処刑されたりと陰日なたにサクヤを助けてくれるのでした…ってお
いっ!

報われない!見終わった直後はえぐえぐしたけど、そろそろ一週間も経って冷静にな
るとスクネ、報われなさ過ぎる!
限られた時間だからしかたないけど、ここに到るまでの胸きゅんシーンが少ない。

「あなたはいつも名前を呼んでくれるんですね」
スクネはSPEC持ち?人の辛い悲しい気持ちが痛みのように感じるらしい。
「あなたは明るくて、近くにいても悲しみを感じることがなかった」

そ~さき~みがボクにつけた~ライトマイファイアッむっねっのあ~かり~ぃ~。

マナコ、お願い!身をひいてくださいm(__)m←おい
スクネとは対極の人、ちょーポジティブ。どこまでも善良で素直。
さすがに騙されて捕まって、いつか消せると信じてた過去はどこまでも纏わりついて
挙句命までとられそうな状況にさすがに心折れた。
騙された俺がバカだった~最愛の嫁だけが心残りとえぐえぐ泣いてるとこへ親父から
知らされた衝撃の真実はスクネにとっても衝撃。

「めんどくせぇお坊ちゃんだぜ、やっぱりお前はここで死んでもらうぜ!」

スクネの必ず助けて戻ってくるの言葉を信じて待ってるサクヤのところに
届けられた板に乗せられたデカイ荷物。
スクネはちゃんとサクヤとの約束を守った。
マナコの首には、スクネがずっと首にかけてた首飾りが…。
じゃ、スクネは?と探せば暴徒と化した革命軍に処刑台に引きずりあげられるとこ
ろ。
サクヤの目の前で、スクネは独裁者の息子としてたくさんの槍で刺されて
処刑されてしまったのでした。
このシーンはお芝居だとわかってても見てるのが辛かったー。
スクネなんだけど剛がね、縄かけられて引きずられてくんだから。

ラストは数年後平和な暮らしを取り戻したサクヤ達とそれを見守るスクネの独白。
大事なところであるにも関わらず忘れてまったけど
「我が生涯に一片の悔いなし」的なmoblog_9850556b.gif ←間違えようもないまちがい

楽しかったーーー。(もう息切れ)
スポンサーサイト

Comment

編集
そんな感動していたのね~!
帰りに一緒に味わえなくて残念でしたわ。

舞台はチキン書いてるから、あたしは桜…の日記を書かなきゃかなあ~。
2013年04月25日(Thu) 13:26
編集
☆だま

このぐだぐたな文面から読み取ってくれてありがと・胸キュンだったもん。
ヒカリエでこ洒落たご飯食べながら語りたかった。
吾郎の時は絶対ですわ!

…だから加奈子の感想よろしく・
2013年04月26日(Fri) 18:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。