チキン~Good Times Bad Times~

JリーグとかJohnny’sとかJなネタをメインにつらつら語るブログ
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 任侠ヘルパーTOP映画部 ≫ 任侠ヘルパー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

任侠ヘルパー

午後練『任侠ヘルパー』



堅気になって今は地道にコンビニ勤務の日々からスタート。
…のに不本意にも警察のご厄介になってしまいムショ暮らしをする羽目に。
(長くなるので細かい経緯は映画館で)
「こーなったらとことん堕ちてやるー」と特に更生もせず荒んだ目のまま
刑期を終えて出所。
押しかけ舎弟の元バイト仲間の若者を連れて
寂れた温泉街の”会社”に入ることに。
任された仕事は、年金や生活保護費を巻き上げるために行くとこがない
老人を囲いこむための施設『うみねこの家』の管理。

もうここまでのアニキ、荒みまくりのケダモノ状態。
出所祝いに呼んだコンパニオンの服(赤いはだじゅばーん1枚だぜードキドキ)を
むしったり(でも途中で我に帰って「悪かったな…」の胸キュンパターン)
泥酔してキャバ嬢にお持ち帰りされたりと老人から巻き上げた金でご乱行三昧。
荒ぶってらっしゃいます
舞台でみたほにゃほにゃな役とは別人。月末月初で180°違う。
こんなに両極端な役どころを一度に見れるってあんまりないと思うでち。

でも老人から金を巻き上げて劣悪な施設に閉じ込めてる自分に
だんだん我慢ができなくなってくる。
”弱きを助け、強きをくじく…”な彦一の極道憲章がついに発動
この施設変える宣言をして、老人達にも働け!と。
金とられてるのが不本意だったら、それに見合う施設をてめー達で作れ
的なこと言ってたかな。(あれ?それだと矛盾するか?!)
自分たちの住む場所を作るために働きはじめたら
ぼんやり座ってるだけだった人たちにだんだん生き生きしてくる。
年とってできることが少なくなっても、でも自分がやれること
必要とされたいって気持ちはずっとあると思う

えーっといろいろ端折ったら大事なキャラの話を
どこにもつっこめなくなった(←部屋も文章も片付けられない女)

彦一がこの街に来るきっかけになった人の娘、葉子さん。
ふたりの子供と認知症の母親を女手ひとつで養ってる。
子供の頃から、”やくざの娘”と後ろ指指され続けてきたので
最初は彦一に対しても冷たい。
合法的なちゃんとした施設での母親の扱いに納得できず連れて帰ろうとするけど
暴れるし、子供も自分も大泣きの修羅場。
子供が泣きながら彦一の姿を見つけて飛びついてくシーン好き。
頭に手を置くくらいで抱きしめて慰めるとかしない。
彦一の接し方は子供に対しても認知症老人に対しても誰に対しても変わらず。
優しく慰めたりとかしないけど、でも絶対なんとかしてくれる必ず助けてくれる

汚い、体を置くだけの場所だったのが、貧しいながらも楽しい我が家的雰囲気になり
葉子さんともフォーリンラブ一歩手前な雰囲気で
(弱きを助け…が根底にあるからなのか、苦労してるシングルマザー…好きだね)
いろいろいい感じで回り始めた矢先に”会社”にバレて異動命令。
うみねこの家を守るために、この業界にありがちな取引を。
根底にあるのは正義なんだけど、使う手段はやくざのギャップ。
そこまでして守ろうとしたうみねこの家は、会社都合で焼却処分(←放火ね)され
またしてもやさぐれそうになったけど燃えかすになっても戻ってきた住人を
見てるうちに守るもののために命がけで戦いに行くアニキ…かっこよすぎです。

そして諸々片付いたものの”会社”名乗って、大立ち周りしちゃったもんで
またもや警察に追われる身になりひとり街を逃げだす。
アニキの幸せはどこにあるの~?!
もしくはシリーズ化への布石かしらん(だいぶテンプレは出来てる気がするの)
歴代舎弟で誰が一番可愛がられてたか語られるような(←ヲタだけか?)
長いシリーズになるといいねぇ。
お正月映画は間違いなくムリだけど…。

チキンの老後が悲惨になったら、彦一が現れて助けてくれますように…のんのんmoblog_bdd9767b.gif


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。